人工知能で美容とサプリメントを研究

人工知能(AI)を使って、美容とサプリメントの研究を行います。たまに女性に関するトピックも追っかけます。 Python使い。子持ち。

人工知能を使って、最新肥満手術ダイエットを研究してみました。

なかなか上手く分析です。

結論は、スリーブ胃切除術で食物摂取量を制限するとの事です。

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。


スリーブ胃切除術は、食物摂取量を制限することによって体重減少を引き起こす新しい処置です。

この処置により、外科医は腹腔鏡下で胃の約60%を切除し、その結果、胃はチューブまたは「スリーブ」の形状をとる。この手技は通常、後で別の手術を行うことを意図して、超肥満または高リスクの患者に行われます。

胃バイパス術または十二指腸スイッチのいずれかであり得る。病的または重度の肥満の患者は健康上の問題のリスクが高くなり、寿命が短くなる傾向があります。理想体重の少なくとも100ポンド上の人。体重超過80ポンド以上で、糖尿病、高血圧、睡眠時無呼吸などの致命的な肥満に関連する問題がある人。

減量のための非外科的試みに失敗した人、具体的には食事療法と運動療法の併用療法が効果的です。

スリーブ胃切除術の利点:胃の容積は減りますが、正常に機能する傾向があるため、少量ではあるがほとんどの食品を摂取できます。高BMI患者に対する第一段階の処置として非常に有効です。限られた結果は低BMI患者のための単一段階の処置として有望に見えます。

貧血、クローン病、その他多くの症状を抱え、腸バイパス手術のリスクが高すぎる人にとって、魅力的な選択肢です。 500ポンド以上の体重の患者に腹腔鏡下で行うことができます。スリーブ胃切除術の危険性不適切な体重減少または体重回復の可能性。

これはすべての手技に当てはまりますが、腸バイパス術を行わない手技では理論的には可能です。より高いBMI患者は、おそらく体重の残りを減らすのを助けるために後で第二段階の手順を持つ必要があるでしょう。

高BMI患者に対しては、最終的に2段階が1回の手術よりも安全で効果的である可能性があります。アイスクリーム、ミルクセーキなどの柔らかいカロリーは吸収され、体重減少を遅らせることがあります。それは他のほとんどすべての減量手順に変換することができます。

最近インドでは、コストが大幅に下がったため、世界クラスの治療が誰にとっても手頃な価格になったため、スリーブ型胃切除術が増加しました。人が常にスリーブ胃切除術または他の手技を望んでいるのであれば、肥満手術の費用が転落しているので、あなたは今やそれを容易に手に入れることができます。インドでは、低コストの肥満手術が世界のどこにでも匹敵する手術成功率と組み合わされており、これはインドのメディカルツーリズムで最も成長が著しい分野の1つです。

スリーブ胃切除術手術の長期的な体重減少の結果平均して、スリーブ胃切除術を受けた患者は、60〜80%の過剰体重の減少を経験する。インドでの肥満手術は、最近過去に驚異的な成長を遂げました

人工知能を使って、幼児期に必要なコミュニケーションを研究してみました。

なかなか難しいです。

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。


すべての子供は幼稚園に通う前に幼児教育を経験する必要があります。

この経験は、人生の後半で意思決定のために子供たちを準備するためのサポートを提供しています。

それは彼らが年を取るにつれて彼らが受ける教育のための基盤も作り出す。質の高い幼児教育を提供するために、連邦政府によってさまざまな支援システムとサービスが導入されています。

子供に知識を伝えることは別として、子供のための早期教育は自己価値と進歩を教えています。プログラムは子供たちが世界に直面する準備をするために子供たちに感情的および社会的ケアを提供します。伝統的な教育形態には、幼児期の発達を促進するプログラムは含まれていません。

子供の人生の最初の8年間で、彼らは情報を知覚し、周囲に適応することができます。彼らは教育と社会的相互作用を通してこの情報を知覚します。教師、両親、世話人、そして友達は子供の生活の中で重要な役割を果たしています。最初の2年間で、子供は自分のアイデンティティを認識し、他の人と交流する方法を学ぶようになります。

この種の教育は子供たちに社会における彼らの役割を特定して主導権を握る方法を教えることができます。子供が決断をし始めると、彼らは様々なタスクを引き受けることができます。幼児教育は子供の発達を促進するのに役立ちます。教育プログラムは、子どもたちが感覚を発達させた後にコミュニケーションをとる方法を子供たちに教えます。

コミュニケーションは成長の最も重要な側面の一つであり、これは幼児教育の間に強調されている分野の一つです。子供がアイデアや物事を知覚し始めたら、彼らは感覚器官を使ってコミュニケーションをとることができます。だからこそ、子供のための幼児教育を受ける必要があります。幼児教育は子供が彼または彼女の運動能力に気づくようになることを可能にする。

プログラムはあなたの子供が彼または彼女の想像力や動機を疑問視することを可能にします。子供は相互作用や彼らが住む環境を通して対人関係のスキルを伸ばすことができます。子供の頃は個人の快適さと安心感が発達します。親は子供の社会的および精神的健康を決定します。

そして、これは彼らが成人するときに決定を下す彼らの能力を決定します。子供の頃の教育は子供が彼らが若いときに彼または彼女の自然な才能を育てることを可能にします。保護者は、子供の頃の発達中に才能を育み、子供にふさわしい気分にさせるのを助けるべきです。

幼児教育のプログラムは、子供たちに自尊心の感覚を植え付けるように設計されています。これは子供たちが後で彼らの生活の中で起こることを理解することを容易にします。子供の自尊心が発達したとき、彼らは将来自分の周りに重大で進歩的な影響を与えることができます。

このページのトップヘ