人工知能を使って、メディカルツーリズムを研究してみました。

なかなか上手く分析です。

結論は、バンコクとインドに訪れているとの事です。

日本は非常に安く医療が受けれますが、それらの国は更に安いみたいですね。

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。



ほとんどすべての考えられるサービスが近くにあるとき、医療ははるかに遅れていることができますか?

最近では、 "ドクターショッピング"は、医療の分野を一周しているフレーズです。このフレーズは、海外で治療を受けることを選択する患者の急速に増加している数を指します。特にアメリカやイギリスの人々は、インド、タイ、バンコク、キューバ、リトアニアのようなアジアやアフリカの国々と比べて、彼らの国々で提供されている医療は非常に高価であることを認識しています。

これらの発展途上国は、海外の患者に世界クラスのヘルスケアおよび医療施設を提供しています。これらの国々の市民はそのような施設を買うのが難しいと感じていますが、アメリカや他のヨーロッパ諸国の患者さんはそれをとても手頃な価格であると感じています。

これらの国々の安価な休暇パッケージに加えて、治療の全プロセスは非常に魅力的になります。メディカルツーリズムの長所と短所を議論する前に、この傾向の起源をちらっと見る必要があります。その後、裕福な家族は、専門的かつ専門的な医療が提供されているスイスの湖、アルプス、そして特別な結核療養所への旅行をし始めました。

インド、プエルトリコ、アルゼンチン、キューバ、そしてマレーシアが続くタイがすぐに最も人気のある医療観光地として浮上しました。調査報告によると、2002年には6万人の医療観光客がタイのバンコクとプーケットの医療センターにやってきましたが、およそ15万人の外国人患者が同じ期間にインドを訪れました。

また、2020年までに、インドのメディカルツーリズムが21億ドルという驚くべき収入を生み出すと推定されています。この仮定は、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパからの約600人のベビーブーム世代が、その期間内に老化して医療を求めるという事実に基づいています。この仮定により、多くの国が医療観光部門を収益性の高い事業として扱うようになりました。フィリピンでは、医療観光産業が昨年の投資優先計画に含まれていました。

これらの傾向は現代の医療観光産業の驚異的な成長を正当化するのに十分である。無数の海外患者に対するメディカルツーリズムの大きな魅力は、その手頃な費用です。米国の医療費と比べると、第三世界諸国の価格は単なる些細なことのようです。

緊急医療の場合は、現金で支払うか、ローンを借りる必要があります。メディカルツーリズムは、そのような金融危機に対して優れた解決策を提供します。次に、何らかの治療を受ける前に行われる手続きに関する問題があります。医療観光地では、事務処理の手間が比較的少ないだけでなく、賠償責任方針も厳しくありません。訴訟の場合、医師は収入の大部分を保険の補償に費やし、さらに医療費を増加させます。