人工知能を使って、乳がんの化学治療を研究してみました。


とても良い分析結果がでました。
結論は
抗生物質療法を受けることが重要です。感染に対する予防策として、各化学療法セッションの2週間後に日常的に女性を抗生物質に服用する事が重要との事。

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。


乳がん患者のための化学療法を受けることは間違いなく生存期間を延ばすでしょう。療法のすべての副作用のうち、骨髄毒性がメイン。骨髄は主に白血球および赤血球の産生部位として機能します。乳がんの化学療法を受けているほとんどの女性は、治療後7〜14日で白血球数が減少することがあります。したがって、化学療法を受けている間、乳がん患者はあらゆる感染に警戒する必要があります。これは骨髄抑制の最初の兆候です。

感染症の最も直接的な症状は熱です。癌患者として、感染の最初の兆候で医師に警告し、抗生物質療法を受けることが重要です。感染に対する予防策として、各化学療法セッションの2週間後に日常的に女性を抗生物質に服用させるいくつかの臨床プロトコルがあります。遺伝子技術は今、より安全な化学療法の構想に入り込もうとしています。

白血球または赤血球の数が激しく落ち込んでいる女性には、遺伝子操作された骨髄刺激薬があります。 NeuprogenやEpogenのような薬はこれらの薬剤のいくつかです。化学療法後に起こる骨髄への毒性は一時的で可逆的です。感染が発生した場合、それは潜在的に非常に深刻であり、致命的な合併症を避けるために直ちに対処しなければなりません。

また、抗がん剤に対する感受性を示しているのは、胃腸管を口から肛門まで並べる細胞であり、これらは定期的に細胞分裂を受け、体は数日ごとに製造および交換します。抗がん剤の中には、この細胞の産生を妨げて小さな潰瘍を引き起こすものがあります。これは乳がんの化学療法では非常に珍しいですが、それでも発生する可能性があります。

口と直腸領域が最も影響を受けやすいです。癌化学療法の最も一般的な胃腸症状は、吐き気と嘔吐です。ほとんどの場合、治療直後の1週間の間に起こります。これは主にヒスタミンと呼ばれる物質の大量のメディエータ放出によるもので、これらは胃腸管の内側を覆っている細胞に貯蔵されています。新しい薬は今化学療法を受けている患者のためのヒスタミンの放出を防ぐことができます。支持療法の発見と適切な使用以来、化学療法に伴う吐き気と嘔吐は、以前よりもはるかに問題が少なくなります。

これらの有害事象の発生率は、使用される薬物およびそれらが使用される用量の強度に応じて異なります。ほとんどの女性にとって、脱毛は少数の抗がん剤の非常に厄介な副作用です。ドキソルビシン、パクリタキセル、ドセタキセルなどの薬剤の中には、特に頭皮から一様な一時的な脱毛症を引き起こすことがあります。多くの乳がんの化学療法レジメンにはドキソルビシンがあり、新しいものにはパクリタキセルまたはドセタキセルがあるので、化学療法を受けた後に一時的な脱毛が予想されるはずです。