人工知能を使って、サプリメントで記憶力を向上させる研究してみました。


とても良い分析結果がでました。
結論は
あらゆる種類のハーブ(特にイチョウ)、ビタミン、魚油、そしてハーブやその他の成分のカクテル(フォーカスファクター、BrainReload、Brain Alertなど)です。

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。

サプリメントはメモリを向上させることができますか? 
年を重ねるにつれて、ほとんどの人が経験している記憶喪失よりも不安なことはほとんどありません。若い人たちはもちろん物事をいつも忘れていますが、年配者にとって、これらの失効(誤った言葉、名前、重要なこと、やるべきことのリスト)は、おそらく最も恐れられるアルツハイマー病のように永久記憶喪失の脅威を呼び起こします。すべての障害当然のことながら、私たちは精神的な低下を防ぐためにピルを望んでいます。 

記憶を改善するために市販されている多数の栄養補助食品があります。あらゆる種類のハーブ(特にイチョウ)、ビタミン、魚油、そしてハーブやその他の成分のカクテル(フォーカスファクター、BrainReload、Brain Alertなど)には、記憶力と精神力を向上させるという多かれ少なかれ露骨な主張が付いています。
 
しかし、魚油サプリメントを除いて、それらのすべては、そのような主張の根拠をほとんどまたはまったく持っていません。一方、最も広く宣伝されている成分のいくつかについての最新の科学的証拠の要約があります。 イチョウは記憶喪失のための米国で最も売れている製品の1つであり、多くのいわゆるブレインブースターの成分です。しかしながら、2007年のコクラン共同研究による35の研究のレビューは、認知症または認知障害の治療としてのイチョウの全体的な証拠は矛盾していて説得力がないと結論付けました。 

予防試験については、2008年の75歳以上の健康な人々を対象とした大規模でよく設計された研究では、アルツハイマー病を含む、イチョウが認知症の予防に役立つという証拠は見つかりませんでした。 5年後、イチョウはアルツハイマー病への進行速度を遅くしませんでした。 
ホスファチジルセリン(PS)は、脳細胞や植物や動物の他の細胞に見られる脂肪の一種です。多年生のベストセラー、The Memory Cureは、アルツハイマー病を予防する方法としてPSサプリメントを宣伝しています。狂牛病の出現まで牛の脳に由来していたPSは現在、大豆から抽出されています。いくつかの予備調査は、PSが認知症の高齢者を助けるかもしれないことを示唆しました。それはそれ以来ずっと研究されてきたけれども、それが認知症を治療するためにまたはそれを健康な人々に予防するために有用とする説得力のある証拠はない。 

ある種類のコケ、Huperzia serrataから派生したこのサプリメントは、アルツハイマー病患者での使用が承認されているアリセプトやタクリン(コグネックス)などの処方薬といくらか同じ方法で特定の脳内化学物質を高めると考えられています。いずれにせよ、これらの薬は適度で短い効果しかありません。研究は一般的に小規模で短かったが、Huperzine Aは中国でアルツハイマー病患者のために臨床的に研究されてきた。 Journal of Neural Transmissionに掲載されたこの研究のレビューは、フペルジンAがアルツハイマー病の治療に役立つかもしれないと楽観的でした。より多くの研究が進行中です、しかしこれまでのところそれが健康な人々の記憶を後押しするか、またはアルツハイマー病のリスクを減らすという証拠はありません。 
多くの食品(特に卵黄、肝臓、肉、魚)に見られ、現在栄養素として分類されているコリンは胎児の脳の発達に不可欠です。

とっても大切ですね。