人工知能を使って、目の病気を研究してみました。

とても良い分析結果がでました。
結論はサプリメントで免疫システムが可能な限り最高のレベルで機能するのをサポートすることができるとの事です。
サプリメントは目にも良いことがわかりますね、、

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。


ビタミンとサプリメントだけでは、あなたのグレーブス病や甲状腺機能亢進症を治すことはできませんが、間違いなくいくつかの症状を助け、免疫システムが可能な限り最高のレベルで機能するのをサポートすることができます。それで、独占的にそれらに頼らないでください、しかしハーブや他の補完療法と同じように、WISELY、それらを使ってはいけません。銅欠乏症は、甲状腺機能亢進症の発症における最も重要な要因の1つです。

バセドウ病のためのビタミンとサプリメント - バセドウ病は自己免疫疾患です、そして、自己免疫疾患について話すとき、すべてが考慮に入れられるべきです:食事療法、ビタミンとサプリメント、ハーブ、運動、代替療法と伝統的療法。

事実上、甲状腺機能亢進症グループの全ての患者は、銅の補給が彼らの症状を、通常は数時間またはせいぜい数日以内に軽減することを発見しました。銅補給開始から3〜6か月以内に、彼らは抗甲状腺薬の摂取量を大幅に減らすことができたと報告しています。銅は甲状腺機能亢進症の大きな物語ですが、それは全体の物語ではありません。適切な銅代謝は他の多くの栄養素と相互関係があり、依存しています。

銅と甲状腺機能亢進症との間の相関関係、特にいわゆるシンドローム銅毒性の調査に長年かけたウィルソン博士との私のインタビューでも確認されました。筋肉細胞が甲状腺活動の増加に無駄に反応して脂肪酸を消費すると、カルニチンの代謝回転は劇的に増加し、カルニチンの細胞貯蔵を使い果たしながら、同時に尿損失の増加に寄与する可能性があります。甲状腺機能亢進症におけるカルニチンの影響に関する現代の文献に発表された最初の研究は1959年の戦後ドイツから来たもので、カルニチンは機能亢進した甲状腺に影響を及ぼしたという観察がありました。 3年後、同じ研究者が甲状腺機能亢進症の治療におけるカルニチンの使用について報告しました。彼らはその後、カルニチンが甲状腺組織自体の中のヨウ素の蓄積に影響を与えることを証明しました。 L-キャニチンに関する最新の発見は、2004年にイタリアの内分泌学者と彼の同僚によって行われました。彼はL-カルニチンについて衝撃的なことを発見しました。 

博士は、コロラド州デンバーで開催された第83回内分泌学会年次総会で、特に疾患の発症時にセレンの補給が自己免疫性甲状腺疾患の進行を予防する可能性があるという発見を報告しました。研究者によると、セレン欠乏症は自己免疫性甲状腺炎の発症と維持に寄与しているようです。なぜなら、それは免疫系を調節することができるセレン依存性酵素の機能に影響を与えるからです。 

亜セレン酸ナトリウム200 mcgのセレン補給は、自己免疫性甲状腺炎患者に見られる炎症活性を改善するかもしれませんが、この効果が自己免疫性甲状腺炎に特異的であるのか、それとも他の臓器特異的自己免疫疾患にも有効であると考えています。