人工知能を使って、不動産投資方法を研究してみました。


とても良い分析結果がでました。
結論は
住むのに最適な場所であると考えられる他の要因は、質の高い学校があることです。または犯罪率が低い。

教育要因がとても重要との事。良いヒントをもらいました。
今から不動産投資をしても問題ないみたいですね、、、

更に有用な情報が得られるように研究を続けます。

人々は自分のお金を具体的なものに投資する必要があり、不動産資産は素晴らしい投資形態です。彼らは彼らの貯蓄がどこに行ったかの具体的な証拠を持つことができます。それはそれから一生続くことができる資産になります。彼らは財産を守りたいのであれば、彼らは自分の子供や孫にもこれを渡すことができます。多くの人々は、不動産への投資もお金を稼ぐための良い方法であることに同意するでしょう。不動産の価値が前進することを認めるので、それは常に起こります、彼または彼女の家またはマンションを売ることに決めたときに利益を得るあらゆる機会があります。

これは、最初に購入したときに、元の市場価格より高い価格で家を売ることができるからです。今日の米国では、世界的な金融危機の結果として、特定の地域の不動産物件の価格がより手頃な価格になっています。投資目的で住宅や不動産を購入しようとしている人は、ターゲットとしている地域の市場の状況について学ぶために自分で購入する必要があります。住宅ローンの取得やその他の資金調達オプションの選択に向けてのステップを実行する前に、住宅価格の現在の傾向を理解し、市場と投資不動産の価値を分析する必要があります。

米国の特定の人気のある都市は不動産の面でうまくいっていませんが、強い経済を享受する小さな町が残っています。これらの地域で手頃な価格の住宅があること以外に、住むのに最適な場所であると考えられる他の要因は、質の高い学校があることです。犯罪率が低い。住宅を購入したい人は、住宅の在庫がまだ膨大で、価格がそれまでの数年間よりも低い間に、今すぐ購入するのが良いでしょう。今後2年間で住宅価格が再び上昇するという専門家の予測がある場合は、できるだけ早く購入したい物件を購入するために必要な措置を講じることが本当に賢明な決断になるかもしれません。

CNNのMoney Magazineは、現時点で住宅が最も手頃な値段で、住民が収入を伸ばすことができる25の成長する町を選びました。上位5位は、テキサス州のダンカンビル、インディアナ州のニューヘイブン、テネシー州のオークリッジ、ミズーリ州のオランダ、ミズーリ州のスターリングハイツです。あなたは差し押さえだけでなく空売りになっている不動産のために行くことができます。適切な行動をとるのに十分に賢明にしなさい。これらは戦略的な場所に家を見つけること、あなたが購入しようとしている不動産の近くで最近売られた匹敵する家に関する情報を集めること、不動産業者に相談すること、そして最初に家の状態を調べることを含みます。今からも不動産投資は間に合いますよ!